FC2ブログ

I'll be your home

振り返らないで 後悔するわ 
過ごした時間がこの手から零れ落ちようとも 
私はあなたを見送るの

いってらっしゃい 
あなたの帰る家はいつも心の中に 
光の加護があなたを護ってくれるわ

怖がらないで
私があなたの帰る家になるからね

今いるこの時間 この場所 
このひと時は私たちの物 
それでも明日の事は誰にも分からないわ

どれもが大切な時間になるから 
さあ、お行きなさい どこか彼方へ 
あなたは愛することを知るはずよ 
痛みを忘れて前へ進むの

長い道のりを越えてあなたはこの場所に来た 
その目に映らなくても 
昇った朝日があなたの空を明るく照らしてくれる

どれも大切な時間になるの 
さあ、お行きなさい どこか遠くへ 
あなたは愛することを知るはずよ 
だから痛みは忘れてね 

いってらっしゃい 
帰る家はいつも心の中にあるわ 
あなたはいったい何処に行くのかしら 何が見えてるのかしら 
私はここに居るわ そして あなたを迎え入れる家になるの




英語の歌詞を自分なりに意訳したらこうなってしまった。
なんとなく気に入ったのでこのままにします。

そのうち元ネタを交えて小説書きたい…
スポンサーサイト



青い凶龍にご注意を。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

苦くて甘い

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

夢を見た

視界に広がる灰色。
激しく叩きつける雨の向こうは霞み、どうやらこのロータリーから出られそうもないらしい。
ここに居ない赤いコートと銀糸の髪が特徴的なアイツに向かって舌打ちする。
イライラと地面にリズムを刻んでいると、雨音に混ざりイヤにハッキリと聞き慣れた鋏の音が遠くから聞こえてきた。

「ハッそっちから来ねーのか?」

音のする方へ歩を進めるとソレはゆっくりと周囲を旋回しだす。
そのスピードは徐々に上がっていき断続的な金属音が耳に障った。

「さっさと来な!」

間髪入れずに灰色の中から鈍く光る銀の切っ先が真っ直ぐに向かって来るのを視界に捉えながら
彼は口の端を持ち上げた。




(Sweet dreams.)




19時~21時に布団にぶっ倒れていた時に見た夢の内容をSS化してみる実験。
文字数制限されるのは中々難しいなー

超SS作品

ショートストーリーの更に短い超SS作品を公開して行こうかと思います。

友人触発ですけども。
殆ど見てる人はいないのでフツーに晒しときます。


携帯 月  白い 浸食 
創造 主掃 掃除 帰省 手帳 
冷たい  先生 理想 理解 
雨 狩人 妻   
バラバラ 魔導師 火傷 藍緑 笑え

これらの語句から連想される物で140字以内で書く事。

続きを読む

プロフィール

アララギ

Author:アララギ
アララギ/古都吹

個人的な日記が主体
絶賛就活中な大学生です
自分探しの旅に出たいなあとか思ってるけど
なかなか実行されない無念

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
バナー

直リンク不
カウンター
分家ブログ
白砂青蘭
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる